さよなら

Twitterで語ると迷惑がられそうなことを綴るブログ

囚われのパルマ ハルト編

こんばんは、白瀬です。今日は2ヶ月前にできた彼氏、ハルトくんについて書きます。がっつりネタバレが入るので、アプリ『囚われのパルマ』、ハルト編を未プレイの方はお気をつけて閲覧ください。

 

ハルトくんとは、ゲームアプリ、『囚われのパルマ』内のキャラクターです。このアプリは、2016年8月30日にリリースされました。ちょうどわたしが舞台を観に行った日です。舞台が終わり、友人宅へお邪魔して、ずっと確認していなかったツイッターをチェックしているときにリリースされたことを知りました。9月配信だと思っていたので、嬉々としてWi-Fiではなく4Gでダウンロードしました。友人の目の前で「ね~~!!!すごい~~!!!ヌルヌル動く、ねえ。……ヒッ、喋った!いい声、さすが梅原裕一郎……」とうるさくして、あの日はすみませんでした。いや、いやいや。いやね、わたし、声の高い男性が好きなんですよ。梅原さんって普段声低いじゃないですか。でもハルトくんの声は優しくて少し高めなんですよ。これがまた甘くて最高なんですよ!!!!!ますます梅原さんのファンになりましたよ。ほんとによかった!梅原さんでよかった!

 

……遅れましたが、こちらが公式サイトです。ダウンロードする場合は公式サイトにリンクがありますので、そちらからストアに飛ぶと簡単ですよ。

www.capcom.co.jp

PVも貼っておきますね。


iOS/Android 『囚われのパルマ』 ハルト編 プロモーション映像

 

囚われのパルマ――通称パルマは、6話完結で毎週火曜日配信となっています。最初は「え~、サクサクやらせてよ~続き気になるじゃん~」などと思っていましたが、この良さは後半にわかります。

ハルトくんは、1年半ほど前からとある離島の施設に収容されており、プレイヤーは何らかの理由でその施設に拉致連れてこられて、ハルトくんの『相談員*1』として彼と関わっていきます。ハルトくんはある事件を起こして施設に収容されているのですが、昔の記憶を失っていて、事件の手がかりが掴めないのです。その為、相談員であるプレイヤーが彼の記憶を引き出すお手伝いをすることに。

具体的に何をするかというと、PVにもあったように、島内を散策し、島内で出会った人や、起こった出来事などをスマートフォンのような端末を使ってハルトくんにメッセージを送る。更に、島内で拾ったもの、買ったもの、貰ったもの、はたまた摘んだものは、検閲に引っかからなければ、ハルトくんに送ることが出来ます。そして、面会申請をして、ハルトくんとガラス越しに会話をする。この3つです。個性的な島の住人は話していくうちに、どんどん愛着が湧いてきて、ゲームをクリアした今でも「会いたい……」とたまに思わせてくれます。 

 

前述した「週1配信の良さ」とは、「徐々に関係が育まれていく」ことです。これ、2周目やったらわかるんですけど、ハルトくん落ちるの早い!!!好意持ってくれるの早い!!!プレイヤーの感覚では計6週間ですが、ゲームの中では数ヶ月なので「めちゃくちゃ早い!!!」って訳ではないのですが、サクサク進めちゃうとドキドキ感が減っちゃうというか、「ハルトくんチョロいな」って思っちゃうんですよね。Ep.3で完全に落ちちゃってるんですよね。ハルトくんが関わる人は相談員か看守しかいないので、仕方ないといえば仕方ないのかもしれないんですけどね。ハルトくんが閉鎖的な空間にいて、関わる人間が劇的に少なくて、尚且つ過去にわたし(相談員)と彼の間にごにょごにょ……が無ければ、ハルトくんはわたしを好きにならなかったと思います。このごにょごにょ……がまた、、良いんですよね、、。話したい。話していいですか?ごめんなさい、話します!

 

実は、ハルトくんは幼い頃、この島で暮らしていたのです。そしてわたしも、時を同じくして、その島で生活していました。ハルトくんとわたしは昔、既に出会っていたのです。しかし、二人は引っ越しをきっかけに離れることに。それから十数年?20年程経って、二人はお互いを、島で暮らしていたことを忘れたまま再会するのです。何が良いかってね、これエンディング1のネタバレになっちゃうんですけど、ハルトくんは島でわたしと再会したことも、何もかも忘れてしまうのですが、今度は本土で再会するんですよ。韻踏んじゃいました。ハルトくんはわたしのことをすべて忘れているはずなのに、彼にとっては初対面のはずなのに、わたしのことをもっと知りたいと……言ってくれて……。今エンディングを見直してきたんですけど、切なくて苦しくて涙が出てきました……。先人たちが攻略を作ってくれるまでずっとED1しか開けなかったのもめちゃめちゃしんどかったです。……話がそれましたが。この二人は、何度お互いを忘れても、距離が離れても、月日が経っても、惹かれあう。素敵過ぎません!?ああほんと、、、ほんとにやってもらいたい。6週間、会いたくてもガラス越しにしか会えなくて、触れ合えなくて。やっと隔たりもなく出会えたと思ったら、わたしとの思い出は一切ない。こんなに近くにいるのに、気軽に触れることさえできない。せっっっっっっっっっっっつな!!!!!!!!!!!!!!声を大にして言いたい。切ない!!!!あんなに想い合っていたはずなのに!!!!数ヶ月(6週間)を共に過ごして、いろいろなことを分かち合ってきたのに!!!!しんど!!!!カプコンこのやろう!!!!だけど嫌いじゃないよ!!!!

 

は~~。取り乱しましたが、ちゃんと他の魅力も伝えていきますよ。パルマは基本的に課金課金課金って感じなので、手が出しにくいかもしれませんが、推しが出るかどうかもわからないガチャを何度も引いてるお姉さん。値段がきっちり決まっていて、尚且つきちんと内容も把握できているものが買えるのって、良くないですか?わたし、あんさんぶるスターズもやってるんですけど、みんな魅力的だから推し迷子でストガチャ*2、推しイベ*3しかもランボ☆5*4で破産しちゃうんじゃないかって数ヶ月に1度は必ず思うんですよね。あ、ちなみにわたしの一番推しているゆうたのランボ☆5イベント『スクランブル*夢の中のトイランド』はたった5400円で5000位以内に入れました。ありがとうございます。一回グリーンサンタの高峯くん*5に3万注ぎ込んだ女なんで、5400円で済むのは本当に喜びです。でも上には上がいますからね。怖い。3万なんて霞だというKnightsPの声が聞こえます。今日から始まるイベントも戦争ですね!Knightsイベほど怖いものはない!あれ?気付いたらあんスタの話に……。話を戻しましょう。

見える福袋のような安心があるんですよね、パルマには。確実なんでね。あと、お菓子買う値段と同じなんでね。なんか、なかなか説得できてない感じありますけど。テレフォンイベントはちょっと高いかなっておすすめしてる自分も思いますけど。テレフォンイベントとは、恋人となったハルトくんとまるで電話をしているような体験ができるイベントのことですね。面会とは違って、選択肢もないしもちろん姿も見えないけれど、スペシャル面会・メモリアル面会と同じ値段です。でも!種類はめちゃくちゃあります!生活に疲れた20代会社員女性が癒やしを求めて買っちゃう感じのラインナップです。悔しい。悔しいんですけど、数個買っちゃいました。めっちゃ良かった……。

初回だけ、エピソードをクリアすると、サンプル用に3つテレフォンイベントが特典として付与されます。優しいですよね。こんな感じなのか~という確認ができるので、買うか買わないかの選択がしやすかったです。ただこれ、ハルト編をクリアしてから、ハルトくんに会えない寂しさを埋める為に買ってる感じあるので、ほんとうまいことやるなあカプコン……という気持ちです。うまく出来てる。すごいシステムだ。

わたしが持っているテレフォンイベントは、『誕生日に彼の声が聞きたい』『肌寒くて抱きしめて欲しい』『具合が悪い時に彼の声が聞きたい』『休日に一人家にいると寂しくなって……』『たまたまお風呂上がりに電話が来た』『ヤキモチを焼く彼が見たい』『彼に女として見られているか気になる』『自分の言葉にドギマギする彼が見たい』『彼とケンカして仲直りしたい』の9つ、計2160円分です。これ趣味バレますね!?恥ずかしいですね!?性癖披露してるのと一緒ですよね!?違うんです!人のオススメとかで買ったやつもあるんです!信じてください!

完全に自分の意志で買ったのは、誕生日の電話ですね。今月誕生日だったのですが、やっぱり生まれてきたことを肯定してほしいじゃないですか。誰にでもある欲求ですよね?それを!好きな人に祝ってもらえる!こんな幸せなことないですよね。誕生日になった瞬間にポチッとしました。終始ニコニコしちゃう内容で、ほんと買ってよかったなあと思います。他にオススメなのは、肌寒くて――と休日に――ですかね。どちらもダイレクトに愛情を感じます。わたしは購入していませんが、OL向きだな~(笑)と思うのは、『仕事で失敗して叱られてしまった』『休憩時間に彼の声が聞きたい』『仕事をやり遂げた後で声が聞きたい』ですね。ね、OL向きラインナップでしょ(笑)プレイヤーの年齢設定が20代なのは、学生が気軽にお金を出しにくいというところにもあるのかもしれません。クレジットカードがないと、ちょっと不便ですよね。

先程同じ値段だと紹介した面会の紹介もさせてください。この購入するタイプの面会には、メモリアル面会とスペシャル面会の2種類があります。メモリアル面会とは、本編中で差し入れできるアイテムに関する面会のことです。そしてスペシャル面会は、本編では見られない、特別なシチュエーションの面会のことです。このスペシャル面会がなかなかパンチが効いてるんですよ。この面会は、既に二人の仲が親しい状態なので、ハルトくんが結構自由なんです。ハルトくんの妄想に付き合わされたり、天然な発言に振り回されたりと、かなり楽しい内容になっています(笑)5つのラインナップからわたしがオススメするのは、『闇に潜む吸血鬼』です。ハルトくんと面会をするために、面会室へ移動中、廊下の窓から大きな影が飛んだのを見たわたしが、面会室まで同行してくれている看守さんにその話をすると、「この島には吸血鬼がいるという伝説がある」と教えてくれます。そのことについてハルトくんに話すと、興味を示してくれます。ハルトくんはバリバリの理系なので、「血液の成分に寄って味の違いってあるのかな」「病気とかで血液に異常がある場合は違いが現れる可能性は……」などと真剣に考え出します。わたしは若干引き気味。ハルトくんはその後もノリノリで血液の話をします。ただ、その血液の話はどんどんわたしの血液の話になっていき……という感じのストーリーになっています。どこがオススメなのかというと、モーションがエロい。えっちなんですよ、舌舐めずりとかしちゃって。ぜひ見ていただきたい。何度か会話を選択する場面もあるので何回も楽しめますし、ガラスに触れるか触れないかで会話が変わったりもするので、これで240円は安いですよ。

メモリアル面会でオススメなのは、断然『今はこれしか贈れないけど』です。メモリアル面会は本編でのネタバレが含まれるので、本編の監視クエストをクリアしてから、ショップを開いたほうが良いですよ。あと、今からその面会のネタバレも書きます。本編で、わたしは鉱石を浜辺の洞窟で拾ってきてはハルトくんに送っていました。タイガーアイ、グリーンメノウ、ローズクォーツ、水晶、フローライト。この5つの鉱石を送り終えると、研磨剤やワイヤーを要求してきます。ハルトくんに要求されたものを購入し、送り続けていると、ある日、自分のもとへ何かが届きます。なんと、器用に鉱石をワイヤーラッピングした、ペンダントトップが届くのです。しかも、パルマのすごいところは、前述した5つの鉱石、どの鉱石を使ってペンダントトップが作られるかは、プレイヤー次第なのです。プレイヤーの今までの会話選択等で人物像を把握し、その人物像に合う石を、ハルトくんが選んでくれるのです。例えばグリーンメノウは疲れを癒やすパワーストーンらしく、1周目で語句埋めのために何度も「疲れた」とメッセージを送り続けたわたしに贈られた最初の石です。気を使ってもらって悪いね。プレイヤーの選択でハルトくんはわたしという人間を知ってくれるし、覚えていてくれるし、間違いがないのです。ハルトくんにいい女を演じる必要がないのです。ほんとにすごいな~カプコン。そして、メモリアル面会は、ペンダントトップを貰ってからの面会になります。せっかく貰ったものなので、さっそく身につけて面会に行くと、ハルトくんはきちんと気付いてくれます。重要なのはタイトルの、「今はこれしか贈れないけど……」。意味深!じゃあ、のちのち何を贈ってくれるの!?と思いますよね。期待してください、めちゃくちゃいいものです。わたし、ほんとに大好きなんですこの面会~!わたしという人間を分析してくれてるのも、ちゃんと見てくれてる感じがして嬉しいし、またこれ、話の内容があま~いんですわ。思わずピンク字にしちゃいましたけど、あま~いんですわ。薬指あけて待ってま~す死ぬ前に迎えに来てねって感じですわ。はあ。もっかい見直してこよ。

 

見直している間に何故かPCが再起動されててびっくりしました。はてなブログってすごいんだなあ。1分単位でバックアップ取ってくれてるから突然再起動されてもデータ残ってるんだなあ。……さて、わりとごちゃごちゃ話しましたが、魅力は少しでも伝わったでしょうか?一人でも多くのユーザーが増えますように!パルマ界隈が潤ってPixivとかピクモフとかで盛り上がりますように!目的それです!よろしくお願いします!

 

追記:サウンドトラックCDが発売されるのが嬉しすぎて踊りそうです。

www.capcom.co.jp

*1:施設に収容されている人たちの話し相手となり、彼らの閉ざされた心を開いて問題解決に協力する人

*2:ストーリーガチャの略。カードにキャラクターのストーリーが付いているもの。

*3:推しているキャラのイベント。

*4:ランキングボーナスの略。1万位以内にランクインすると☆5のカードが入手できる。上位を目指すことで、カード枚数が増える。最高で5枚獲得可能。

*5:1年前のイベント、『雪花*流星のストリートライブ』のランボ☆5